スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和霊神社で「行く年来る年」

今年の大晦日12月31日午後11時から和霊神社で、「行く年来る年」をします。
酒肴持ち寄りで、篝火の灯りで語り合います。どなたでもどうぞ。

国難ともいえる未曾有の大災害を受けた卯年。あらためて絆を考えさせられました、「絆」は固い結びの事、結びは産霊(むすひ)に由来する言葉で、「古事記」に登場します。日本の心が蘇りました。
平成24年は、坂本龍馬が脱藩して150周年を迎えます。「坂本龍馬150年記念龍馬飛騰ウオーク」も併せて実施されます。
和霊神社は決意の神社。飛翔を願う人、一緒に辰年の新年を迎えましょう。
スポンサーサイト

龍馬脱藩祭会則

龍馬脱藩祭会則

(趣旨)
第1条 この会則は、龍馬脱藩祭に関して定めるものである。
(内容)
第2条 龍馬脱藩祭は、坂本龍馬が文久2年3月24日、和霊神社に立ち寄り、ここで決意し脱藩、その後、幕末維新の志士として大きく飛躍したことを記念して、毎年3月24日を中心に行う。
(会員)
第3条 龍馬脱藩祭を運営する組織は、この会の目的に賛同する町内会、企業及び団体を会員として構成する。
(会議)
第4条 龍馬脱藩祭に関する会議は、総会及び役員会とする。
1 総会は、この組織の最高意思決定機関であり、代表が召集する。
2 総会は、出席者の過半数で決定する。
3 役員会は、総会で選出し、総会で決定された事項を執行する。
(役員)
第5条 この会に町名会等の代表等からなる次の役員を置く。
⑴ 代 表  1名
⑵ 副代表   3名
⑶ 理 事  若干名
⑷ 事務局長 1名
⑸ 会 計  1名
⑹ 監 事  2名
2 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
3 役員は次の事を行う。
⑴ 代表は、龍馬脱藩祭を総理する。
⑵ 副代表は、代表を補佐し、会長に事故あるときは会長を代理する。
⑶ 理事は、会長の命により、会務を遂行する。
⑷ 事務局長は、脱藩祭全般の事務を行う。
⑸ 会計は、会計を掌る。
⑹ 監事は、会計を監査する。
(会費)
第6条 会費は、年会費、賛助金その他をもって充てる。
(会計)
第7条 会計は、年1回、龍馬脱藩祭が終わった後に報告するものとする。
(委任事項)
第8条 その他、これに定めのない事項に関しては役員会で決定し、総会で承認する。
 附則
1 この会は、昭和60年3月24日から施行する。
2 この会は、平成19年3月24日から施行する。

バナー広告を募集しています

・ブログ「和霊神社と龍馬脱藩祭」のバナー広告を募集しています。
 龍馬脱藩祭は、坂本龍馬が高知市神田に鎮座する坂本家屋敷神である和霊神社に参拝し、水杯を交わして祈願成就し、脱藩したというエピソードに基づき、脱藩後大きく羽ばたき維新の礎を築いた事績等を顕彰し、後世に龍馬の原点として、そのこころ意気を伝えていこうと、龍馬生誕150周年の昭和60年から始めた祭りです。

・年会費:1万円。

・年会費は、毎年3月24日(坂本龍馬は和霊神社に参拝後、文久2年3月24日に脱藩)前後開催の龍馬脱藩祭の経費に充当します。

・振込先
銀行口座 龍馬脱藩祭実行委員会 会計 窪内喬
      幡多信用金庫神田支店 口座番号0349890


プロフィール

和霊神社と龍馬脱藩祭

Author:和霊神社と龍馬脱藩祭
高知県高知市神田にある坂本龍馬ゆかりの和霊神社です。

目次
応援ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。