スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の龍馬脱藩祭は3/24(土)!

2012年の龍馬脱藩祭の日程が決定!


3/24(土)です!
第28回龍馬脱藩祭

詳細が決定次第このサイトでお知らせします。

2011年第27回龍馬脱藩祭の模様

和霊神社とは?

龍馬脱藩祭の名称

和霊神社宝刀とは?

第26回龍馬脱藩祭の模様

龍馬脱藩祭会則

バナー広告募集しています。

2011年3月20日(日)第27回龍馬脱藩祭の模様

13:00 神事
s-神事1

s-神事2

13:10脱藩宣言
s-DSC06140.jpg



脱藩シーン再現!
s-脱藩シーン再現



尾崎正直高知県知事ご挨拶
s-尾崎知事ご挨拶



岡崎誠也高知市長ご挨拶
s-岡崎市長ご挨拶



s-DSC06146.jpg
龍馬役の神田小5年生の皆さんと記念撮影


高知県立龍馬記念館に保管されている
和霊神社宝刀
s-DSC06149.jpg

s-よさこい
よさこい鳴子踊り 纏り家尽

その1へ戻る

2011年第27回龍馬脱藩祭の模様


和霊神社とは?

和霊神社宝刀とは?

第26回龍馬脱藩祭の模様
スポンサーサイト

和霊神社と龍馬脱藩祭

■和霊神社
 高知市神田字水谷山に鎮座する。
祭神は、宇和島伊達藩家老山家清兵衛公頼。神号和霊大明神。
坂本龍馬(天保6年(1836)-慶応3年(1867))の4代前の先祖、坂本八郎兵衛直益が宝暦12年(1762)坂本家の屋敷神として宇和島の和霊神社を勧請し、当時、坂本家(才谷屋)の土地であった水谷山に建立したものである。
正殿の石祠に「奉建立山神社土儒郡神田水谷山宝暦12年壬午4月朔坂本八郎兵衛直益百拝」と刻まれている。
明治維新後、明治15年に才谷屋が没落するまで坂本家の所有であったが、その後神田地区の住民が氏子として管理するようになった。
祭神の山家清兵衛公頼は、伊達政宗の長男である宇和島伊達藩初代藩主伊達秀宗の家老で、反対派の家老桜田玄蕃一派の讒言により元和6年(1620)非業の最後を遂げた。が、死後もなお君家を守護する山家清兵衛の冤罪を晴らし、霊を和ませようと、伊達秀宗が寛永8年(1631)に建立したのが縁起である。戒名は天祥院殿心渓常涼大居士。
国学者でもあった坂本八郎兵衛が、大衆の守護神とし信仰されていた和霊神社の由来を知り、分祀したといわれている。
坂本龍馬は、文久2年(1862)3月24日に脱藩。その際、「吉野に花見に行く」と言って、神社に立ち寄り、水杯を交わし、決意したという伝承が伝えられている。境内には、嘉永5年(1852)年号の燈籠や昭和60年の「坂本龍馬先生脱藩記念」碑がある。
 
■龍馬脱藩祭
昭和60年に和霊神社氏子や地元地区の高神公民館、高知青年会議所等が中心となり、龍馬生誕150周年の記念事業として、当時の中内力高知県知事、横山龍雄高知市長等約700人の参加の下に龍馬脱藩祭を初めて開催した。
その後、毎年3月24日前後の日曜日に開催している。

■和霊神社宝刀
元々、坂本家が所有し、祭事の際に奉って来ていたが、子孫が高齢化したので、氏子総代に保管と管理を依頼されたものである。
打刀で刀身二尺三寸(70.9cm)、南北朝前後(鎌倉後期から室町幕府成立頃)の大和手掻派の製作とみられる。
試銘「慶長之頃敵之請太刀ト共ニ大袈裟不懸切落其後度々二ツ胴落河野苗裔武市某所持之」。
平成19年6月30日、高知県立坂本龍馬記念館に寄託し、保管されている。

龍馬脱藩祭の名称

龍馬脱藩祭は、高知青年会議所の協力の下、高神公民館、えぼし団地自治会、高座公民館が実行委員会を結成し、坂本龍馬生誕150周年に当たる昭和60年、脱藩した日である3月24日に、高知市神田の和霊神社で初めて実施したものです。
和霊神社は、宝暦12年に坂本龍馬4代前の先祖、坂本八郎兵衛直益が坂本家の守神として、当時、所領地であった神田水谷山に宇和島の和霊神社を勧請し建立しました。
文久2年3月24日、脱藩に際し、「吉野に花見に行く」と言って和霊神社に立ち寄り、水杯を交わし脱藩の決意をしたというエピソードが伝わっています。脱藩後、薩長同盟や船中新政府綱領八策等を成し遂げ、「坂龍飛騰」と讃えられた行動で、新生日本の礎を築いています。

龍馬脱藩祭の名称については、国家未曽有の国難に際し身を挺して事に臨んだ龍馬の心意気を伝え、「決意の神社」として、脱藩後大きく羽ばたいた龍馬のように、ここから巣立っていくことを願って、「龍馬脱藩祭」と名付けました。


今年、平成24年は、坂本龍馬が土佐藩を脱藩して150年目の節目に当たります。
尖閣諸島、竹島、北方領土等の侵略行為、従軍慰安婦や南京虐殺等虚偽の歴史捏造に見られるように、いかに日本を貶めるかに汲々とする国々。日本国憲法に謳う「平和を愛する諸国民」が日本周辺に位置しているわけではありません。国家主権が鎬を削る弱肉強食の世界です。正に龍馬の生きた時代と同様の国家存亡の危機の状況にあります。
何も決められない民主主義が、非常事態の悪化を促進しているのが今日の日本です。
根源は日本国憲法にあります、このハーグ陸戦法規という国際法違反の代物の。
「出でよ龍馬」とはよく言われますが、日本国の仕組みを変える、その行動を起す、それが龍馬のこころを受け継ぐものです。龍馬にあやかり人気者になりたい、そんな人は要りません。
国難を背負う、一旦緩急あれば義勇公に奉じ以って国運を扶翼すべし、、です。
3月24日に和霊神社でお待ちしています。
代表 佐竹敏彦
プロフィール

和霊神社と龍馬脱藩祭

Author:和霊神社と龍馬脱藩祭
高知県高知市神田にある坂本龍馬ゆかりの和霊神社です。

目次
応援ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。